This Category : 歯医者日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

2回目(W歯科)


2回目の治療日です!


子どものことで色々と忙しく(言い訳)
前回から2週間ほど空いてしまいましたが…


今回も行ってまいりました、W歯科。


今回も静脈内沈静下で治療することになっていましたので
前日は睡眠時間を4時間ほどにし、あえて寝不足の状態で行くことに…。


午後14時から治療開始。


今日は前回治療した前歯の反対側、左上1・2・3番の治療です。


左上2番は他院(K歯科・過去の歯医者話をご覧下さい)で神経を抜き
そのまま1年半以上放置していました。。。。
K歯科の先生が削って薄くなった歯をとりあえずでレジンで繋げるように
詰めておいて下さったのですが、放置した間に歯は欠け、レジンは着色し
オレンジ色っぽくなり、中で虫歯が再発し黒っぽい色が透けて見えていて
とにかくとても汚かったのです。。。
このおかげで、この1年半というもの人前で大きな口を開けて話すことが
できませんでした。。あまりにもみっともなくて…。
レントゲンを撮ってみると根っこのところに膿がたまっているのが分かりました。
この歯は再度削って虫歯部分を除去し、根の治療をして差し歯にすると
いうことでした。


左上1・3番は2番と隣接した部分が虫歯になっており、こちらは削ってみないと
分からないとのこと。神経までいっていなければ虫歯部分を除去したのち
レジンで詰めるということでした。


本来今日はこの3本の治療のみの予定だったのですが、一昨日から左上6番の
あたりの歯茎がズキズキと疼き始めていたのです。。。
左上6番は10年前の根幹治療の途中でほったらかしにしてしまった歯で、
仮蓋が外れて脆くなり、数年前に歯の1/3ほどが縦に割れ、抜けるように
欠けていた歯でした。
不思議なことに何年も痛むことなく過ごしていたのに、ここにきて
ズキズキと…前回前歯の治療をして以来、無意識に前歯を使うことを避け
奥歯で噛むようにしていたからかもしれませんね…
この歯はもう破片しか残っていないので、今回抜歯することになりました。



ということで、本日は4本の治療が決まりました。。



今回もさっそく点滴マシーンが運ばれてき、担当の先生はまたまた血管を
探すのが上手な先生を数名連れてきましたw

今回も血管の出が悪く、2人がかりで私の腕をさすりさすり血管探しに
一苦労・・・右肘の内側に一回差しNG、左肘の内側に一回差しNG、
右の手首に一回差しNG(これがめちゃ痛かったです涙)…
あ、ちゃんと刺さった!と思っても、血管が細すぎてすぐダメになって
しまうそうなんです。。
あまりのひどさに「皮下注射にしてみてはどうか」「筋肉注射は?」などの
意見も出始め落ち着きませんでした(;;)
結局右肘の内側に再度トライして見事成功!
先生方、本当にすみませんでした。。


そしていつものように点滴が始まり、指には酸素飽和度測定器、鼻下には
酸素のチューブをつけられて…

ゆっくりと麻酔薬が入ってきました。

これで私も静脈内沈静4回目です。
今日こそは意識を失う(?)瞬間がどこなのかを見極めたいと思いつつ
「うん、今はまだ効いてないぞ」「まだだぞ」と心の中でブツブツ言いながら
キョロキョロしてました。











気がつくと、治療がほぼ終了していました。
おかしいなあ…今回も境目がよく分かりませんでした・・・


前歯の上2番に違和感があり、舌で触ってみるとかなり長めに仮歯?みたいな
ものが触れました。


「タオタオさん、起きてますが?ちょっと噛んでみてください」と先生。


ボーっとしながらも上下の歯をカチカチと合わせてみました。

ん?やっぱり仮歯のようなものが長すぎるかんじがします。

「ちょっと当たりますねえ・・・」と答えると、

「じゃあもうちょい削って調整しますね」と長すぎた部分を削ってくれました。




本日の治療はこれにて終了。


前歯の仕上がりはこうです。
(2枚目、抜歯した際の血がこびりついたままです・・・スミマセン)

0203_01.jpg


0203_02.jpg

左上1・3番は幸い神経とは離れたところが虫歯になっていたので、少し削って
レジン詰め。
左上2番は変色していたレジンと虫歯部分を除去し根の掃除と薬の充填。
仮歯ではなくレジンで歯の形を整形して仮蓋にしているようです。
仮蓋とは言え、あの汚いオレンジ色の歯がなくなったことが本当に嬉しいです!


そして抜歯した左上6番。
ちょっとグロなのでサムネイル表示しています。

0203_6.jpg

根が殆ど吸収されてグラグラしているような歯だったので
とてもスムーズに抜けたそうです。
舌で触ったらポッカリ穴がふたつ開いていました(--;)
結構血が出ていたようですが、縫合するほどでもなかったようでそのままです。
電車に乗る頃には血が固まっていました。



次回は左上2番の根の治療ということになりそうです。
膿がたまっているので、2週間後に来てくださいと言われました。

根の治療はちょっと怖いのですが、それが終われば
綺麗(黄色いけど)な前歯になるんだと思うと、とっても嬉しいです!



【治療した箇所・治療したこと】

左上1番・3番の虫歯を削りレジン詰め
左上2番の根幹治療
左上6番の抜歯


【本日かかった金額】  3420円
(抗生剤・痛み止め処方含む)
COMMENT : 4
TrackBack : 0
CATEGORY : 歯医者日記 |

1回目 (W歯科)

午前中、W歯科に行ってきました。

今日からいよいよ治療開始です!!



11時の予約だったのですが、余裕をもって家を出たら
なんと10時には歯医者さんに着いてしまいましたww

W歯科に足を踏み入れるのは1年半ぶりのこと。
とても大きな歯科医院です。
常勤の先生だけでも30名ということですから・・・
治療ユニットの数も半端ありません。

早めに着いたのをいいことに、まずは待合室や院内を
うろうろと歩き回ったり、垣間見える他の患者さんの治療のようすや
歯を削る音を聞いて戦々恐々としてみたり…
トイレでハミガキをしたり、待合室でNico(歯の雑誌)を読んだりして
時間つぶしをしていました。
傍から見ればかなり変な人だったと思います。

時間に近づくにつれ、心臓の鼓動がドキドキとし手も冷たくなり
身の置き所がないような心境に。。。
「今なら帰れる、今なら帰れる…」といつも通り逃げてしまいそうな
自分がいました。
ドキドキがすごくて、またパニックが出たらどうしようという不安も
ありました。自分でも分かるくらいに体が震えていましたが、なんとか
持ち直して無理に雑誌を手に取ったところで名前を呼ばれました。



治療台に座ると、すぐに担当の先生が来てくれました。
初診のときに担当の先生が決まり、治療が終了するまではずっと
同じ先生が治療にあたってくれます。
今日の担当も1年半前と変わらずT先生という方でした。

まずは初診以来、1年半も来なかったことのお詫びをしてから
歯の状態を先生に見せ、問診と今後の予定を話し合います。


現在の歯の様子はこちらをごらんください↓
http://yowamushihaisya.blog26.fc2.com/blog-entry-8.html


まずは痛みの出てきている前歯の治療から始めてもらいたいこと、
そして歯科恐怖症であり出来る限り静脈内沈静での治療をして
頂きたいことを再度お願いしました。

その他、持病(パニック)や服薬のこと、いままでの歯科治療の
ことを改めて丁寧に話を聞いてくれ、緊張で震えていたのも
少しずつほぐれてきました。

その後レントゲン(360度撮影)をとり、改めて前歯の様子を
細かく説明してもらいました。

20090119_治療前

汚い歯ですみません(><)

今回痛みがあるのは赤枠で囲った部分です。(右上1番・2番)

この2本の真ん中に米粒大の虫歯の穴が黒く開いており、
素人から見ても規模の大きそうな虫歯だなあと思います。
間違いなく2本とも神経を抜くことになるだろうなーと思ったのですが、
レントゲン写真を見、歯を指で触ったりして先生が言うには
「右側の歯は神経までいってないと思うし、左側の歯もかなりギリギリで
削ってみないとわからないけど神経を抜かずに済むかもしれない」とのこと。

神経を抜かずに済むとすれば、虫歯に侵された部分を削り、穴にレジンを
詰めるだけということです。
ただ神経のギリギリのキワまで削って詰め物をした場合、しばらくの間は
冷たいものがしみたり自発痛(何もしなくてもズキズキする)が出たりして
ちょっとつらいかも・・・ということでした。
1~3ヶ月ほどすればしみることもなくなるそうですが・・・。

「しみるのが嫌なら神経をとってしまった方がいいかもしれませんが、
どうしますか?」 と先生。

通常の治療ができる場合は歯を削ってみて虫歯の大きさを確認できた
ところで患者さんと相談することになるのでしょうが、私の場合は静脈内で
寝てしまうので、はじめに決めておかなければいけないんですねw

せっかく神経を抜かずに済むというなら、抜かない方がいい気がします。
神経を抜いた歯はもろくなるそうで、差し歯にしても根っこが膿んで抜歯…という
こともあるそうですし。
でも神経を残してしばらく激痛が続いたりするのも困ります。。
どうしましょう、どうしましょうと10分ぐらい悩みに悩んで・・・
結局、「やっぱり神経は残してください」とお願いしました。


さあここからいよいよ静脈内沈静法(以下、静脈内と略します)を用いての
治療が始まります。

今日はW歯科での初めての治療ということもあり、赤枠の2本のみを
治療することになりました。

静脈内は体質や服薬(安定剤など)で個人個人で麻酔の効きやすさが
異なるようです。人によっては通常の10倍の薬を使わないと効果が出ないことも
あるとか(・o・;)効果が薄いと、途中で起きちゃうこともあるそうです。

「タオタオさんがどれくらいで寝てくれるか分からないから、今日は2本だけ
やってみて静脈内の効果を見ましょう」 とのことでした。

ガラガラと酸素ボンベや静脈内の麻酔薬のセットが運ばれてきました。
左手の人差し指に血圧計?をつけられ、鼻には小さなストローのような
呼吸器をつけられ・・・
右腕の血管を調べて「うーん(-”-)」と顔をしかめる先生。
すいません、ワタシ血管出にくいんですよね・・・入院して採血するときも
わざわざ婦長さんにやってもらってたくらいで。

数分後、T先生が手術服を着た先生を連れてきて、
「血管探すの上手な先生呼んできましたから!もう大丈夫です!」とww
(この歯科には別棟にインプラントセンターがありまして、手術服の先生は
恐らくそちらでインプラント手術をしている方だと思います)

なんとか無事、点滴の針を刺して開始です。
ポタポタと滴っているのは生理食塩水で、点滴管の途中にあるコブのような
ところから大きい注射器のようなものを使い、静脈内の麻酔薬を入れていく
ようです。ちょっと見たら、注射器の中には真っ白な液が入っていました。

「じゃあこれから麻酔入れていきますねー」と先生が注射器を押し、
管の中に白い液を入れていきました。
それがゆっくりと私の腕の中に入っていきます。
液が入ったところから、なんだかポカポカと暖かくなり、足と頭が
ズーンと重くなりました。

でも眠たくなりません(^^;)

「ははは、まだ起きてますね。じゃあもう1本入れときましょう」と
もう1本追加する先生・・・・・

2本使ったということは、私は普通の人の2倍じゃないと効かないのかな?

そんなことを考えながら、瞼が重くなりました・・・・・











ふと気がつくと、点滴の針を抜いているところでした。

「タオタオさ~ん、終わりましたよ~」

口があけにくいです。麻酔で鼻の下までボーンと腫れているような
感覚が。

治療が終わったんだということが分かりました。


今回は記憶がぶっとぶというほどではありませんでした。
寝ている間も「前歯のあたりで何かやってるな」という感覚がありました。
でも治療中の痛みは一切無く。
夢だったんじゃないの?と言われれば、そうかもと納得してしまう
くらいの曖昧さですw

結局2本とも神経を残すことができたようで、鏡で見てみたら
綺麗に治っていました!!

20090119治療後

赤枠内の2本が今回治療した歯です。

恐らく削って虫歯部分を除去した後、開いた穴にレジンを詰めて
形を整えたのだと思います。
周りの歯の色とも綺麗に合い、全く違和感がありません。

その後の治療計画を話し合い、本日の治療が終わりました。
次回は2月あたま頃、静脈内を用いて前歯の右半分(今回治療した歯の
反対側)の治療をしていくということです。

とにかく綺麗に治していただいて感動です!
虫歯はいっぱいありますが、やはり前歯の虫歯は見た目もかなり悪く
とても気になります。私も笑ったときに前歯が見えないようにしていました。
前歯の治療が終われば、歯を見せて笑えるようになるんだなーと、
とても嬉しくなりました(^^)

ただ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

麻酔が切れた頃から、神経ギリギリと言われた歯がイヤなかんじで
痛みます(;-;)
まさにしみるような感覚です。冷たいものにしみるのですが、今の季節
ちょっと外に出ただけでも寒くて寒くて常時しみるんですっっ
おうちであったかくしているとあまり痛みません。
我慢できないほどの痛みではありませんので、しばらくは我慢・・・・・

次回もがんばります!



【治療した箇所・治療したこと】

右上1番・2番の虫歯を削りレジンで詰めていただきました
(静脈内沈静下)


【本日かかった金額】  4820円

(ロキソニン 3日分 含む)

COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 歯医者日記 |

最新記事


最新コメント


カテゴリ

はじめに (1)
歯医者日記 (7)
治療後日記 (9)
よもやま話 (1)
歯の様子 (1)
過去の歯医者話 (5)
お知らせ (3)


プロフィール

タオタオ*

Author:タオタオ*
極度の歯科恐怖症の主婦です。
鬱・パニック障害あり。
30代・2人の子どもがいます。
横浜市北部在住。

最後に歯医者さんに行ったのは
高校生の頃、以来10年以上
歯医者さんを避けてきました。
2人目出産後、ボロボロと痛みが
出てきたので、とうとう歯医者さん
通いを始めます。
弱虫なので、たいていはヘタレな
記事ばかり書きますが、どうか
ご容赦を。

何かお尋ねになりたいことなどありましたら
下のメールフォームよりお願い致します。
メールフォームmail-a1-1812mi.gif


最新トラックバック


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


Copyright © 超弱虫女の歯医者日記 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。