This Archive : 2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

7回目(W歯科)

7回目の治療に行ってきました!


小雨がパラつく中、今日は午後の予約・・・
下の子を預けるのに手間取り、ギリギリ出発で昼食をとる余裕もなく(^^;)

予約時間5分前にW歯科に到着しました。


すぐに名前を呼ばれて治療台へ。
今日は久しぶりの鎮静で、右側の抜歯の予定でしたよね。

まずは担当のT先生と色々とお話を。

(この間に鎮静に使う点滴、その他機械がカラカラと運ばれてきてました)



「今日は、右上7番・右下7番の抜歯をします」



右下7番・・・

この歯は私にとっては「因縁の歯」ともいえる存在でした。

ちょっと長いですが、まあ聞いてください(^^;)

今を去ること15年以上前・・・
この歯は大きな虫歯になり、歯医者さんで神経をとり、根っこの治療を
していました。
この根っこの治療が身もだえするほどに痛くて痛くて、弱虫な私は
治療途中で通院をすっぱりと止めてしまっていたんです。

治療途中でしたので、歯はどんどんと欠けだし、とうとう根っこしか
残っていないような状態に。

そして6年ほど前、ちょうど上の子を産んで間もない頃に
この歯の根っこのあたりが痛んで腫れがあり、鎮痛剤が手放せないような
夜が何日も続きました。それでも歯医者さんには行かずになんとか
ならないかな~と我慢していたら…

ある日、痛みがウソのようにひいたのです。

その代わりに、突然その歯の歯茎部分に大きなオデキが出来ていました。

こんなかんじです↓

umihukuro2.jpg


(手描き・・・すみません)


触るとプニュプニュしていました。

このオデキがふくらんでは破裂してしぼみ、ふくらんではしぼみとするのですが
幸い傷みは全くなく。
「ガン??」と心配になりもしましたが、インターネットで色々と調べていたら
どうも「フィステル(婁孔・ろうこう)」と呼ばれる、膿の袋の出口のようなのです。
恐らく歯の根っこの先が炎症を起こすたびに膿がたまり、出口のない頃は圧力が
かかり痛みが出ていたのでしょうが、このオデキができ破裂するたびに膿が外に
排出されるというシステムが出来上がり、痛みが出なくなったのでしょうね。。

というわけで。

原因は全く解消されないまま痛みからは解放され、以来6年もの間、私は
この変なオデキと共生共存してきたのです。

痛みはありませんでしたが、この右下7番が炎症を起こしオデキが腫れる度に
リンパ腺は腫れあがり、喉も腫れあがり・・・しまいには脇の下のリンパ腺までもが
痛みだす始末でした。

我ながらバカです。。早く歯医者さんに行くべきでした・・・





長くなりましたが、以上が私と右下7番の物語です。


今日はとうとうこの右下7番とおさらばするのかと思うと、感無量です。


しかしこの7番と言うのは、第二臼歯とも呼ばれる大きな奥歯。
親知らずの手前の歯です。
もうボロボロとは言え結構大事そうなこの歯、とうとう上下とも失ってしまうのね・・・
でも右下は8蕃と6番が残ってるし、左右の歯を活かしてブリッジすれば
大丈夫だよね♪なーんて思っていたら


「ついでなんで、右下8番も抜いちゃいましょうか?」


予想外 Σ(・ε・;)


え、でもブリッジとか・・・と恐る恐る聞いてみましたら、


「もちろん8番は残してブリッジして右下7番の歯を作ることも可能ですけど、
右上7番も今日抜いちゃいますからね、噛み合う歯がなくなるんですよ」


なるほど!

では今日なくなる予定の右上下7番は今後どうなるのでしょうか?


「7番上下の歯はなくなるので、右側は6番までの歯ということになりますね~」

「どうしても歯が必要なようでしたら、インプラントということに・・・」


つまりこういう歯並びの人になるということですね

予想図



左側に偏って、顎がおかしくなってしまいそうですね。


まあいいや~(´∀`*)


せっかくなので右上8番も抜歯していただくようお願いしました。


さーて今日は3本抜歯で~す


鎮静しないと絶対にムリです!血管が見つかりますように…


抜歯の同意書にサインをし、血管先生の登場を待つ間に
今後の治療についてのお話も。

W歯科では既に幾つかの歯の治療、抜歯をしてきたわけで・・・
残りはどれくらいかといいますと。

まず神経や根っこの治療が必要そうな歯はそんなにないらしいです。
ワタシ的には根っこしか残ってないような歯があと数本あるような気が
するんですが、虫歯部分を削って詰め物すれば済むような話だそうで。
そんな歯は1回鎮静すればいっきに数本治療できてしまうと思うので、
おおー、これは完治するのも近いか?とちょっとウキウキしてしまいました。
(詰め物をするなら型取りの手間も数回かかると思いますので、そんなに
すぐには終らないと思いますが…あくまで「痛いことをする」回数は
少ないのではないだろうか、という素人考えです)

でもちょこっと工事が必要そうな歯もあります。
すでに抜歯した場所(左上6番・左下6番)はどうするか・・・
この歯はそれぞれ5番・7番が残せていますので、普通に考えれば
ブリッジをすることになるそうです。
でもブリッジをするには、5番と7番をかなり削って土台にしなければ
ならないとのこと…。
ブリッジにすると隙間から虫歯になる可能性が高いと聞いたことがあり
もし虫歯になってしまったら、削って小さくなった5番・7番が
あっという間にやられてしまいそうな気がして。

なんていうお話をしていましたら先生が、

「一番いいのはインプラントなんですよね~」と・・・


インプラント!?


あの、「インプラント」ですよね。

1本分で中古車1台買えちゃうくらいお高いという・・・。

うーん・・・

虫歯がいっぱいある頃は、ワタシのような口の管理もロクにできないような
人間が、そんなにお高いものを装着する権利も資格もないと思っていました。
もー虫歯さえ治せれば、全部保険の歯で構わない!と。。

でも治療が進むにつれ、しかも今回詰め物でどうにかなる歯がほとんどだと
いう事が分かったし…ちょっと欲が出てきてしまいました。

ただでさえ重要な奥歯を数本失ってしまった今、せっかく残せている
5番・7番をブリッジのせいで危険に晒したくはないんです。。


でも高いです。

今、そんなお金はないです(´∀`*)


「インプラントにするにしても、抜歯後1年はおいて顎の骨が治るのを
待つ必要がありますね~」


そんな事情もあるらしいです。


では、顎の骨が治るのとお金が貯まるまでの間は「部分入れ歯」で
済ませるのはいかがでしょうか・・・?


「いい選択だと思いますよ~」


決めました!!

ということで、


タオタオ*は入れ歯デビューします(T▽T)




そうしているうちに血管先生が登場!



みなさん!



今回も一発で入れていただきました!!


素晴らしいです。

最近になって気温も上がってきたし、血管も出やすくなってるんじゃ
ないかと思います。


「さすがですね~~」と今回もしきりに感心するT先生ですが・・・・・


T先生・・・T先生とのお付き合いも残り1ヶ月きってますよね・・・
できれば最後に1度くらい、T先生に点滴入れて欲しいな・・・・・


そんなことを考えながらボーっとしていると・・・















「タオタオ*さ~ん、起きてくださ~い」


終ったようです。


目が覚めたら治療台の上で横向いて、口開けて寝てました(^^;)

抜歯した箇所に止血のためのワタをかまされていたせいで
口が開いてたんだと思います。




今回は結構記憶ありました。


どんな記憶かというと、



痛かった!!!



というか、しきりに「痛い!」「痛いです!」と騒いでいた記憶が。

そしてT先生に「はいは~い」と軽くいなされていたという記憶が。。。


確かに「痛かった」し、「痛いと騒いだ」記憶もあるんですが、
不思議なことに「どんな痛みだったか」という記憶がまるでないんです。

通常なら痛みの種類や度合いまで覚えているので次回の治療がイヤに
なってしまうんでしょうが、「どんな痛みだったか」を忘れているので
次の治療への恐怖にはつながりません。
あんまりうまく説明できてなくてごめんなさい(;;)

ボーっとしながら「なんか痛い痛いと騒いだような気がするんですけど」と
話をしている間、「そうですね~」とワタを取ったり、私の口元(恐らく
血まみれ)を丁寧に拭いてくださる先生。

赤ちゃんかワタシは!w


そしてボーっとしている間に部分入れ歯の話を再度され、その後
入れ歯のための処置で左上下の5・7蕃を削られていました。
表面を削る程度なので、麻酔はナシです。

その後サクサクと上下の型をとられました。

来週にはもう入れ歯ができちゃうみたいです。


「明日、消毒に来てくださいね~」



と、今日もこんなかんじで治療が終りました。




お会計を待っている間に恐る恐る抜歯した穴を舌で触ってみると
もう既にブヨブヨ(血餅)が穴を覆っています。

口の中は当然のように血の味満載ですが、出血はおさまっている様子…



しかし帰りの電車に乗る頃に悲劇が。

口の端からタラーンと血が垂れてきたんです(・・;)
ティッシュでぬぐい、口を閉じようとしても麻酔が効いているせいで
うまく口が閉じないんです。。
出てきた血を確認してみると、かなりしっかりした鮮血です。
とりあえず家に帰るまではティッシュを頻繁に替えつつ血をぬぐい続け
帰宅後に鏡を見てみると、因縁の右下7蕃のあたりにものすご~~く
大きな大きな血餅が出来ていました。

今まで抜歯したあとにも血餅は出来ていましたが、せいぜい穴をふさぐ
程度の規模でした。

ですが今回はハンパなくて(^^;)


困った私は帰宅後あることをやったのですが、長くなりますし
治療とは関係ない話ですので、近日中に「よもやま話」にでも
アップします~w


次回予約は4月22日。


今日抜歯した箇所の消毒をする予定です。





【本日かかった金額 4880円くらい】


※ロキソニン・パラリシン3日分含む


実はこの日のレシートを失くしてしまいました(><;)
金額は確かこんなかんじだっと思うのですが、何しろ内訳が
分かりません。。出来てきたら詳細をアップします。。
すみません。。

スポンサーサイト
COMMENT : 5
TrackBack : 0
CATEGORY : 歯医者日記 |

治療後33日目(6回目治療後)


6回目の治療を受けてから33日が経過しました(^^;)


サボりすぎですね~~。。
でもでもやっぱり3月後半~4月中旬までの間は、上の子の
卒園式・入学式・懇談会・PTA総会と怒涛のように忙しくて
ちょっと歯医者さんどころではない日々が続きました。

治療をお休みしていてよかったな、と思います。

前回治療をした歯の様子を少し。。


5回目の治療時に抜歯した左上下の親知らず・左下6番ですが、
綺麗にふさがり、目で見て分かるくらいに肉が盛り上がってきました。
食べ物が挟まるようなこともありません♪痛みも皆無です。

そして最近気がついたことですが、顎関節症ぽかったのも改善したようです。
治療前までは口を大きく開けるたびに左顎の付け根部分がカクンカクンと
鳴っていたのですが、最近では全く気にならなくなりました。
抜歯したおかげなのかも・・・そりゃ3本も抜けば顎の余計なスペースも
なくなりますよねww


そして6回目治療時に差し歯になった左上2番。
こちらも自分の歯としてしっかりと機能してくれてます。
言うまでもなくケンタもww

前回治療時に先生と差し歯についてお話していたのですが、
差し歯の寿命の長短はは「どれだけお手入れしたかに尽きる」とのことでした。
以来、毎日ハミガキのたびにはフロスで差し歯の付け根まで綺麗に磨いて
おります~。ついでに他の歯もフロスでゴシゴシと・・・
昔からこれだけお手入れしていれば、こんなにたくさんの虫歯は出来なかったの
でしょうね。。。



さてさて、明日はとうとう7回目の治療予約日です~。
鎮静をして、右上7番・右下7番を抜歯することが決まっています。
痛みが長引かないといいんですが。
そして血管が見つかりますように!と願いまくっておりますw

がんばります!

COMMENT : 3
TrackBack : 0
CATEGORY : 治療後日記 |

最新記事


最新コメント


カテゴリ

はじめに (1)
歯医者日記 (7)
治療後日記 (9)
よもやま話 (1)
歯の様子 (1)
過去の歯医者話 (5)
お知らせ (3)


プロフィール

タオタオ*

Author:タオタオ*
極度の歯科恐怖症の主婦です。
鬱・パニック障害あり。
30代・2人の子どもがいます。
横浜市北部在住。

最後に歯医者さんに行ったのは
高校生の頃、以来10年以上
歯医者さんを避けてきました。
2人目出産後、ボロボロと痛みが
出てきたので、とうとう歯医者さん
通いを始めます。
弱虫なので、たいていはヘタレな
記事ばかり書きますが、どうか
ご容赦を。

何かお尋ねになりたいことなどありましたら
下のメールフォームよりお願い致します。
メールフォームmail-a1-1812mi.gif


最新トラックバック


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


Copyright © 超弱虫女の歯医者日記 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。