This Category : 歯医者日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

7回目(W歯科)

7回目の治療に行ってきました!


小雨がパラつく中、今日は午後の予約・・・
下の子を預けるのに手間取り、ギリギリ出発で昼食をとる余裕もなく(^^;)

予約時間5分前にW歯科に到着しました。


すぐに名前を呼ばれて治療台へ。
今日は久しぶりの鎮静で、右側の抜歯の予定でしたよね。

まずは担当のT先生と色々とお話を。

(この間に鎮静に使う点滴、その他機械がカラカラと運ばれてきてました)



「今日は、右上7番・右下7番の抜歯をします」



右下7番・・・

この歯は私にとっては「因縁の歯」ともいえる存在でした。

ちょっと長いですが、まあ聞いてください(^^;)

今を去ること15年以上前・・・
この歯は大きな虫歯になり、歯医者さんで神経をとり、根っこの治療を
していました。
この根っこの治療が身もだえするほどに痛くて痛くて、弱虫な私は
治療途中で通院をすっぱりと止めてしまっていたんです。

治療途中でしたので、歯はどんどんと欠けだし、とうとう根っこしか
残っていないような状態に。

そして6年ほど前、ちょうど上の子を産んで間もない頃に
この歯の根っこのあたりが痛んで腫れがあり、鎮痛剤が手放せないような
夜が何日も続きました。それでも歯医者さんには行かずになんとか
ならないかな~と我慢していたら…

ある日、痛みがウソのようにひいたのです。

その代わりに、突然その歯の歯茎部分に大きなオデキが出来ていました。

こんなかんじです↓

umihukuro2.jpg


(手描き・・・すみません)


触るとプニュプニュしていました。

このオデキがふくらんでは破裂してしぼみ、ふくらんではしぼみとするのですが
幸い傷みは全くなく。
「ガン??」と心配になりもしましたが、インターネットで色々と調べていたら
どうも「フィステル(婁孔・ろうこう)」と呼ばれる、膿の袋の出口のようなのです。
恐らく歯の根っこの先が炎症を起こすたびに膿がたまり、出口のない頃は圧力が
かかり痛みが出ていたのでしょうが、このオデキができ破裂するたびに膿が外に
排出されるというシステムが出来上がり、痛みが出なくなったのでしょうね。。

というわけで。

原因は全く解消されないまま痛みからは解放され、以来6年もの間、私は
この変なオデキと共生共存してきたのです。

痛みはありませんでしたが、この右下7番が炎症を起こしオデキが腫れる度に
リンパ腺は腫れあがり、喉も腫れあがり・・・しまいには脇の下のリンパ腺までもが
痛みだす始末でした。

我ながらバカです。。早く歯医者さんに行くべきでした・・・





長くなりましたが、以上が私と右下7番の物語です。


今日はとうとうこの右下7番とおさらばするのかと思うと、感無量です。


しかしこの7番と言うのは、第二臼歯とも呼ばれる大きな奥歯。
親知らずの手前の歯です。
もうボロボロとは言え結構大事そうなこの歯、とうとう上下とも失ってしまうのね・・・
でも右下は8蕃と6番が残ってるし、左右の歯を活かしてブリッジすれば
大丈夫だよね♪なーんて思っていたら


「ついでなんで、右下8番も抜いちゃいましょうか?」


予想外 Σ(・ε・;)


え、でもブリッジとか・・・と恐る恐る聞いてみましたら、


「もちろん8番は残してブリッジして右下7番の歯を作ることも可能ですけど、
右上7番も今日抜いちゃいますからね、噛み合う歯がなくなるんですよ」


なるほど!

では今日なくなる予定の右上下7番は今後どうなるのでしょうか?


「7番上下の歯はなくなるので、右側は6番までの歯ということになりますね~」

「どうしても歯が必要なようでしたら、インプラントということに・・・」


つまりこういう歯並びの人になるということですね

予想図



左側に偏って、顎がおかしくなってしまいそうですね。


まあいいや~(´∀`*)


せっかくなので右上8番も抜歯していただくようお願いしました。


さーて今日は3本抜歯で~す


鎮静しないと絶対にムリです!血管が見つかりますように…


抜歯の同意書にサインをし、血管先生の登場を待つ間に
今後の治療についてのお話も。

W歯科では既に幾つかの歯の治療、抜歯をしてきたわけで・・・
残りはどれくらいかといいますと。

まず神経や根っこの治療が必要そうな歯はそんなにないらしいです。
ワタシ的には根っこしか残ってないような歯があと数本あるような気が
するんですが、虫歯部分を削って詰め物すれば済むような話だそうで。
そんな歯は1回鎮静すればいっきに数本治療できてしまうと思うので、
おおー、これは完治するのも近いか?とちょっとウキウキしてしまいました。
(詰め物をするなら型取りの手間も数回かかると思いますので、そんなに
すぐには終らないと思いますが…あくまで「痛いことをする」回数は
少ないのではないだろうか、という素人考えです)

でもちょこっと工事が必要そうな歯もあります。
すでに抜歯した場所(左上6番・左下6番)はどうするか・・・
この歯はそれぞれ5番・7番が残せていますので、普通に考えれば
ブリッジをすることになるそうです。
でもブリッジをするには、5番と7番をかなり削って土台にしなければ
ならないとのこと…。
ブリッジにすると隙間から虫歯になる可能性が高いと聞いたことがあり
もし虫歯になってしまったら、削って小さくなった5番・7番が
あっという間にやられてしまいそうな気がして。

なんていうお話をしていましたら先生が、

「一番いいのはインプラントなんですよね~」と・・・


インプラント!?


あの、「インプラント」ですよね。

1本分で中古車1台買えちゃうくらいお高いという・・・。

うーん・・・

虫歯がいっぱいある頃は、ワタシのような口の管理もロクにできないような
人間が、そんなにお高いものを装着する権利も資格もないと思っていました。
もー虫歯さえ治せれば、全部保険の歯で構わない!と。。

でも治療が進むにつれ、しかも今回詰め物でどうにかなる歯がほとんどだと
いう事が分かったし…ちょっと欲が出てきてしまいました。

ただでさえ重要な奥歯を数本失ってしまった今、せっかく残せている
5番・7番をブリッジのせいで危険に晒したくはないんです。。


でも高いです。

今、そんなお金はないです(´∀`*)


「インプラントにするにしても、抜歯後1年はおいて顎の骨が治るのを
待つ必要がありますね~」


そんな事情もあるらしいです。


では、顎の骨が治るのとお金が貯まるまでの間は「部分入れ歯」で
済ませるのはいかがでしょうか・・・?


「いい選択だと思いますよ~」


決めました!!

ということで、


タオタオ*は入れ歯デビューします(T▽T)




そうしているうちに血管先生が登場!



みなさん!



今回も一発で入れていただきました!!


素晴らしいです。

最近になって気温も上がってきたし、血管も出やすくなってるんじゃ
ないかと思います。


「さすがですね~~」と今回もしきりに感心するT先生ですが・・・・・


T先生・・・T先生とのお付き合いも残り1ヶ月きってますよね・・・
できれば最後に1度くらい、T先生に点滴入れて欲しいな・・・・・


そんなことを考えながらボーっとしていると・・・















「タオタオ*さ~ん、起きてくださ~い」


終ったようです。


目が覚めたら治療台の上で横向いて、口開けて寝てました(^^;)

抜歯した箇所に止血のためのワタをかまされていたせいで
口が開いてたんだと思います。




今回は結構記憶ありました。


どんな記憶かというと、



痛かった!!!



というか、しきりに「痛い!」「痛いです!」と騒いでいた記憶が。

そしてT先生に「はいは~い」と軽くいなされていたという記憶が。。。


確かに「痛かった」し、「痛いと騒いだ」記憶もあるんですが、
不思議なことに「どんな痛みだったか」という記憶がまるでないんです。

通常なら痛みの種類や度合いまで覚えているので次回の治療がイヤに
なってしまうんでしょうが、「どんな痛みだったか」を忘れているので
次の治療への恐怖にはつながりません。
あんまりうまく説明できてなくてごめんなさい(;;)

ボーっとしながら「なんか痛い痛いと騒いだような気がするんですけど」と
話をしている間、「そうですね~」とワタを取ったり、私の口元(恐らく
血まみれ)を丁寧に拭いてくださる先生。

赤ちゃんかワタシは!w


そしてボーっとしている間に部分入れ歯の話を再度され、その後
入れ歯のための処置で左上下の5・7蕃を削られていました。
表面を削る程度なので、麻酔はナシです。

その後サクサクと上下の型をとられました。

来週にはもう入れ歯ができちゃうみたいです。


「明日、消毒に来てくださいね~」



と、今日もこんなかんじで治療が終りました。




お会計を待っている間に恐る恐る抜歯した穴を舌で触ってみると
もう既にブヨブヨ(血餅)が穴を覆っています。

口の中は当然のように血の味満載ですが、出血はおさまっている様子…



しかし帰りの電車に乗る頃に悲劇が。

口の端からタラーンと血が垂れてきたんです(・・;)
ティッシュでぬぐい、口を閉じようとしても麻酔が効いているせいで
うまく口が閉じないんです。。
出てきた血を確認してみると、かなりしっかりした鮮血です。
とりあえず家に帰るまではティッシュを頻繁に替えつつ血をぬぐい続け
帰宅後に鏡を見てみると、因縁の右下7蕃のあたりにものすご~~く
大きな大きな血餅が出来ていました。

今まで抜歯したあとにも血餅は出来ていましたが、せいぜい穴をふさぐ
程度の規模でした。

ですが今回はハンパなくて(^^;)


困った私は帰宅後あることをやったのですが、長くなりますし
治療とは関係ない話ですので、近日中に「よもやま話」にでも
アップします~w


次回予約は4月22日。


今日抜歯した箇所の消毒をする予定です。





【本日かかった金額 4880円くらい】


※ロキソニン・パラリシン3日分含む


実はこの日のレシートを失くしてしまいました(><;)
金額は確かこんなかんじだっと思うのですが、何しろ内訳が
分かりません。。出来てきたら詳細をアップします。。
すみません。。

スポンサーサイト
COMMENT : 5
TrackBack : 0
CATEGORY : 歯医者日記 |

6回目(W歯科)

6回目の治療を受けてきました!


ポカポカ陽気の中、次男をベビーカーに乗せて出かけました。

今日は左上2番に差し歯を装着するだけで鎮静なしの予定だったので
子ども連れです(^^)

今日の予約は14時。
今日の昼食は駅のケンタです。チキンにムシャーとかぶりつき、仮歯に最後の仕事を
してもらいましたw
オリジナルチキンうまうま。左奥歯をかばいながら食べるので自然に前歯にも
負担がかかりますが、まったく違和感なし。根っこの状態は良くなっているようです。

10分前くらいに歯医者につき、トイレにこもって歯を磨きました。
チキンがあちこちに挟まっていたのでひと苦労しました。次回から歯医者前の
ケンタは控えます・・・

名前を呼ばれて診察室に。
ベビーカーを窓際に置いて、診察開始です。


まずは前回抜歯したところの様子はどうかと聞かれて「痛くないです」と
答えておきました。
例のとれちゃったアレについては特に説明しませんでした(笑)
あとで口の中見てもらえば分かることだし・・・


「じゃあ今日はコレ付けていきますね~」とT先生が差し出したのは

ベージュ色の私の下の歯全体の模型。

模型の一部に出来上がってきた差し歯がくっついてました。

アイボリーにちょっと黄色っぽい、私の歯の色そっくりの差し歯。
裏は銀色です。保険の差し歯ですから。


椅子が倒され、


「じゃあ仮歯を外しますね~」


もういい加減、このコンコンにも慣れました(^^;)

今回は結構カンタンに外れた仮歯。この歯には約1週間お世話になりました。
アデュー、仮歯さん・・・

その後、差し歯(本物)を土台に試しに嵌めてかみ合わせを調整しました。
赤い紙をカチカチと噛んだり、先生が歯の左右にフロスを通してみたり。
やっぱり長くて、下の歯に当たります。何度か調整をしてもらいました。

仮歯のときもそうだったんですが、ちょっと削ってもらっては嵌め、
「うーん・・・まだ当たります」とダメ出しして、また削りなおしてもらって・・・
そうこうしてるうちに、だんだん先生に悪いような気がしてくるんですよね。。
今日も実は「まだちょっと当たるんだけどな…」というところで
「あ、もう大丈夫です♪」と言ってストップしてもらっちゃいました。
かみ合わせが合ってないと、のちのちあんまりよくないのは分かってるんですが…
なんか鎮静して治療するので普段迷惑かけちゃってるし、必要以上に
気を遣ってしまっているかも。
とはいえ、ここは妥協しちゃいけないところなんでしょうかねえ・・・。。


調整が終わり、とうとう差し歯を本格的に接着。

その後、先生はカギ状(クエスチョンマークのようなかたち)の尖ったやつで
差し歯と歯茎の境目をツンツンと何かしてました。
はみ出した接着剤をとっているかのような動きでしたが、
これが結構痛い・・・
歯茎に時々刺さるんですね、カギ状の何かが。ランダムに来る鋭い痛みで
私が苦手なタイプの痛さでした。思わず何度か眉をしかめていましたが
先生はまるっと無視(;;)

その後、T先生は歯の全体の様子をチェックしていました。
抜歯したところ3箇所も診てましたが、特に何も言われなかったので
こないだとれちゃった例のアレは多分大丈夫なのでしょう(と思いたい)

ちなみに抜歯部分の今日の様子はこんなかんじです

bassi_left.jpg



※サムネイルです

周りの歯茎が縮こまって、穴が少し小さくなってきたような気がします。




椅子を起こされました。

「はい、これで前歯の治療はおしまいです~」


そう、これで上の前歯の治療は全部終ったのです(^^)

今年の1月からゆるゆると治療を進め、治療した上前歯は5本。
ほとんどが神経を残して詰めものをしただけで終った歯でしたが
この左上2番は神経をとり根っこの治療をし、その後差し歯となったので
時間がかかりました。。

思えばこの左上2番は2007年6月にK歯科で神経を抜いてもらってから
今年の1月まで放置してしまった歯なんですね。
K歯科から紹介されたあと、すぐにW歯科に行ったのですが・・・どうしても
治療を進める勇気がなくて、そのまま1年半以上W歯科に行けなかったんです。。
(T先生はその初診のときから担当に決まっていた先生です。)

K歯科で仮歯を入れたまま放置していたので、仮歯は欠けオレンジ色に変色してしまい
私の前歯は大変なことになってしまってました。
人前で笑えない、汚い汚い歯。。
この歯が自分でもイヤでイヤで仕方なくなって、今年の1月に再度W歯科に出向き
治療を開始したのでした。

そして今日。
神経を抜いてから2年近く経った今、やっと差し歯が入って治療が終ったわけです。

ひとつの節目を迎えたような、達成感があります(^^)



では差し歯の様子を公開させていただきます♪


差し歯


※サムネイルです


黒矢印の部分が差し歯です。
保険の歯なので透明感はあまりありません。
隣の歯(自前)と比べると、やっぱり白浮きするような。。

でも近くで見ないと分からない程度だと思うので気にしません♪

むしろ猛烈に感動しております。
こんなに綺麗な歯にしてくれたT先生、本当に有難うございます~
血管先生、その他衛生士のみなさんも本当に有難うございます~

と、今日小さな小さなハードルを越え感無量な私にT先生がひとこと


「ところで僕、5月中旬に退社することになりました」


えええええええええええええ(´Д`;)


「なので最後までは診てあげられないんですよね・・・」

「でもちゃんと次の先生に引継ぎしていきますから♪」


うわ~~~~残念です。
ただでさえ怖くて怖くて仕方のない歯医者さんです。
担当の先生に慣れるのにも正直時間がかかりました(というかまだ慣れてない気も)
それなのに・・・それなのに・・・

K歯科のあと1年半以上放置しないですぐに治療を進めていれば、
恐らく最後までT先生に診ていただけたでしょう。

放置してた私のバカバカバカバカバカ(;;)


大後悔に苛まれつつ、次回の治療予定をT先生と話し合い、
次回は右の上7番と下7番を抜歯することになりました。

両方とも10年以上前に神経をとり、そのまま放置しちゃって
根っこしかないような歯です。重要な奥歯を次々と失ってゆく私・・・
自業自得とは言え、悲しいです。



そして次の予約は4月21日です。

1ヶ月以上もサボりますwwww

何度か言っていますが、3月下旬~4月中旬頃までは長男の卒園・入学で
ゴタゴタしますし、長男の帰宅時間も早く通院が難しそうなのです。
右の上下を抜歯して、痛みや腫れが出て生活に支障が出てしまうと
とっても困ってしまうので、この間は治療をストップすることにしました。

こんなに空いちゃうと、せっかく歯医者さんに通おうと決めた意志が
かんたんに揺らいでしまいそうですね~(´▽`*)


【本日かかった金額 4890円】


●再診料 40点

●歯冠修復・欠損補綴 1589点


●一部負担金 4890円


差し歯本体の価格がお幾らなのかはちょっと分かりませんでした。
差し歯1本=7000円くらい?だと思っていたので予想以上にお安いと思ったの
ですが・・・相場はこんなものなのでしょうか?


会計時に「お知らせ」という紙を頂きました。


『今回の補綴物は二年間当院にて保証致します』

おおお、今回の差し歯を2年も保障してくれるそうです。
欠けたりなくしちゃったりしても大丈夫なのかな?

そして文の最後には

『今回の治療が無駄にならないよう食生活にも気をつけて口の中を
清潔にして、80歳で20本の歯を残すようにしましょう』



なんか叱られているような気分になりました。

「無駄にならないよう」って・・・・・・・・厳しいよう(つд・)


80歳で20本、残したいですねー。
次回抜歯したらもう、25本しか残らないんですけど。
COMMENT : 7
TrackBack : 0
CATEGORY : 歯医者日記 |

5回目(W歯科)

5回目の治療に行ってきました~**


今日は余裕を持って家を出たので30分前にはW歯科に到着することが
できました。やっぱりこれぐらい心の準備をする時間がないと(^^;)

いつも平日に行っていたのですが、今日は初めて日曜日に行くことに
なりました。いつもはお年寄りや子ども連れのお母さんが多いのですが
今日は30~50代くらいの男女が多かったです。お仕事されている方は
日曜にいらっしゃるんですねえ。。


今日は鎮静をして、親知らずの抜歯をする予定。

そう、血管がとれないと話になりません(;;)


今日はちょっと自分なりに、努力をしてみました・・・
そこでW歯科のトイレ(バリアフリーの大きな個室トイレです)に閉じこもり
約10分ほどぶんぶんと腕を振り回して、遠心力で腕に血を集めて…
大きなトイレなのですが、さすがに腕を振りまわすとガンガン壁やドアに
腕が当たりました。外の人に聞こえたら、トイレの中で一体何をやってんだろうと
思われかねないですねww

そのうち腕がジンジンして、ポカポカと温かくなってきたような気が。


そして予約時間の11時。

名前を呼ばれて診察台へ…

さっそく担当のT先生から、今日の治療の説明を受けました。


今日は鎮静をし、左下の親不知の抜歯。

「上にもあるんですよね~、一緒に抜いちゃいましょうかね♪」と先生。

なんとなくそうなるんじゃないかという気がしてました(--;)

「この根っこだけ残ってる左下6番も抜いちゃいましょうね、ついでですから」

はは、3本抜きが確定しました。


血管をとるのが難しいのですから、幸運にも血管がとれたときには
出来るだけ多くの歯を治療して頂くほうがよいのでしょうね。

ここで血管先生の登場となるわけですが、血管先生は別の患者さんの診察中だとの
ことで、T先生とふたり、しばらくボーっと待つことになりました。

ここで、ひとつおねだりをしておきました。

今日は抜歯3本もするので、ぜひ鎮静大盛りでお願いしますと。

「わかりました~、でもあんまり多くしちゃうと呼吸止まっちゃうんで」
「気をつけながらやりますね~」

止まっちゃうんだ・・・


まだ血管先生は現れません。

そのうちT先生も左隣の患者さんの診察を始め、私はひとりに。

でも退屈ではなかったのです。


なぜなら。


私の右隣で

いままさしく

静脈内鎮静を使って、抜歯をしている人がいたから



自分の鎮静中の様子って、見れませんよね。当然。。他の人のも見たことありませんけど。

今日は偶然にも大変に貴重なシーンを拝見することができたというわけです!

寝ているその人は、先生に声をかけられると「・・・はい、はい」と返事をしながら
麻酔の注射を打たれ、その後抜歯をされていました。
その間、「痛い」などと口走ることもなく、なすがままになってました。

自分の鎮静中の様子を先生から伺ったことがありましたが、やはりライブは
違いますね~。食い入るように見てしまいました。


そうこうしているうちに、血管先生がきました。
私の腕をさすり、ながめつすがめつ「うーーーん、血管出ないね~」とため息。
今日も苦労をかけます。申し訳ありません(;;)

暖かいタオルで腕を温めて血管が浮き出るのを待っている間、例の隣の患者さんの
治療が終わり、診察台から身を起こしていました。
体格の良い若い男性の方でしたが、直後はやっぱりフラフラと歩いていました。
つい、お疲れさまでした…という顔で見送ってしまいましたw

その後も血管探しに苦労される先生に、以前内科で採血した際に刺した場所を
話してみました。そこは右の肘の内側というポピュラーな場所なんですが
見た目は血管があるようには見えないとこなんですね。でも触るとピクピクと
するので、確かに血管はあるんです。

血管先生は「うーん、確かにここにあるんだけど深いんだよね。いつも採血する
看護婦さんは本当、プロだからねー。血管が見えなくても、カンで分かるんだよね」と
言いつつ、試しにそこのあたりに針を刺し…


ドクドクドクドク



なんと一発で成功しました



横で見てたT先生、助手の方が歓声あげてましたww

見事刺した血管先生も「奇跡だー!」とwww


「いやー、看護婦さんの言うとおりだったね!」と言いつつサクサクと
点滴をつなぎ、鎮静剤が注入されていきました。


すっかりおなじみの、頭が中心がボヤーンとしていく感覚が始まり、
意識を失う前に私が一言・・・・・


「抜いた親知らず、持って帰りたいんですが・・・」


最後まで言えたかどうか。









今日も気がついたら終わってました。

ホントに大盛りにしていただけたようで、今日は術中の記憶や感覚など一切なし(^^)

最後にT先生が「次は18日、差し歯を~・・・」と言っていたような記憶と、
紙に包んだ何かを私に手渡してくれたような気が・・・

そして会計のときにも、自動精算機のおつりを取り忘れ、誰かに呼び止められた
ような気が・・・

ようやくしっかりと意識が戻ってきたのは、W歯科を出て夫に電話をした
あたりだったと思います。

寝覚めの気持ちよさも、今日は一番でした。
今日はかなり寝不足の状態で行ったにも関わらずこの時間になっても全く眠くなりません。
鎮静中、爆睡していたのかも(^^;)


先生が帰り際に手渡してくれたものの中身はコレです↓

oyashirazu.jpg


※グロなのでサムネイル表示してます。
 大きいサイズで見たい方はクリックしてください


血まみれだわ歯石つきだわ…汚くてごめんなさい。。

左が下の親不知、右が上の親不知です。

ついでに抜かれた左下6番の歯はあまりにも汚くまっぷたつになっていたので
掲載を控えますw

下の親不知は根っこが曲がってますね~。

それでも上下ともにスムーズに抜けたようで、歯茎を縫われずにすみました。

今は抜いた穴のところに血のゼリー(血餅)ができ、穴をふさいでいます。

keppei.jpg

※グロなのでサムネイルで表示します。
 大きいサイズで見たい方はクリックどうぞ。

こちらも汚くてすみません。7番の虫歯も丸見え。。。


この血餅(ホントにこう呼ばれてます)は歯茎再生のための重要な物体みたいです。
これがないとドライソケットとよばれる症状になり、骨に刺激がいって
とっても痛くなってしまうそうです。昨夜徹夜で調べたので間違いないですww
出来る限り、このゼリーを死守せねばなりません。今日はうがいもしちゃダメみたいです。
でもちょっと感触が楽しくて、ついつい舌先で触ってプルプル感を楽しんでしまうんですけどね。


心配していた抜歯後の痛みですが・・・


こんな長い日記を書いているくらいですから、全然痛くありません(^^)
ちょっと歯茎のあたりが重いかな~、という程度。
今のところは腫れも全くなく、顎の開け閉めにも問題ありません。

ただし処方されたロキソニンは4時間ごとに飲んでます。抗生剤も。


ふははは、親知らずの抜歯など恐るるに足らず!

なーんて・・・あんなにビクビクしていたくせにw
T先生が上手に抜いてくださったのでしょうね。

抜歯後2日目~4日目くらいに激痛がくることもあるらしいんで
当分は大人しくしてます(--)

タバコも我慢して、電子タバコにしてみよう・・・


【本日かかった金額】  2910円

処方:ロキソニン・バラリシン3日分

●再診料 40点
●医学管理等 10点
●投薬 96点
●手術 780点
●麻酔 44点


次回の予約は18日です。たぶん差し歯が入ります。たぶん。
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 歯医者日記 |

4回目(W歯科)


4回目の治療に行ってきました~(^o^)

今日は午前中の治療だったので、朝からアタフタと忙しなく・・・。
長男を保育園に送り、次男を母に預け、そのままバスに飛び乗りました。

W歯科までは家からバス・電車を乗り継ぎ45分ほど。
それでもいつもは30分~1時間ほど前に着き、待合室で心を落ち着かせてました。
もちろん怖いからです・・・毎回歯医者さんの雰囲気に慣れるまで時間がかかるというか
心の準備が30分は必要でした。

が、今回はとにかく時間がなくて。着いたのは予約時間の3分前・・・
心を落ち着かせる間もなく、すぐに名前を呼ばれてしまいましたーーーー。。


先生と挨拶を交わすと、すぐに今日の治療の説明がありました。

今日は土台を作って固定し、型をとり、新たな仮歯を入れていくと。
こないだ型をとったのは、仮歯および土台用の型だったと。
痛みのある治療ではないので、鎮静はなし、麻酔もなしですと。

そう言い終わるが早いか、治療台を倒していく先生。

今日は鎮静の点滴を入れる必要もなく、血管探しに苦しまなくていいからか
先生がとても溌剌としてるんですけど(^^;)

先日痛かった左奥歯の話を始めるタイミングを完全に失った私は、
まさに「まな板の上の鯉」でございました・・・

「じゃあ仮歯をはずしまーす」

さっそく仮歯をはずされました。前回と同様、ものすごい衝撃が。
コンコンを何度かしてから仮歯が外れました。

その後、針のようなものやエアーで掃除されてから、接着剤をつけ
銀色の土台をググっとくっつけられました。
かなり強い力でくっつけられたのですが、その際に一瞬ズキン!と
鋭い痛みがきて、思わず「ウッ」と呻いてしまいましたが・・・
先生は容赦なくグイグイと続けてきます。
鼻の下をものすごい力で押される感覚と鈍い痛みが続きました。
まだ根っこのところが膿んでいるからなのかもしれませんね。
また痛いのが来るのかなとビクビクして冷や汗が出ました。。。


「今度は土台を削っていきまーす」

今度は例の「チュイーン」が。
水が飛ぶから、とここからは目の上にタオルをかけられました。
キーン・・・と削られていますが、痛みはありません。削られているのは
自分の歯ではなく、土台なので。
でも時々、隣の歯に当たっているような衝撃や、歯茎のあたりに鈍痛が
走るんですね。。。ここでまたビクビク(--;)
かなり細かく調整をしているようで、ドリルのサイズを変えながら長いこと
削られました。10分くらいはそんなことをしていたのではないでしょうか。

ここで一旦、口をゆすがせてもらったのですが・・・
そのとき吐いた水が ものすごい茶色だったんです・・・

なんで?何の色なの??と7、8回はゆすいだのですが、まだまだ茶色なんですね
先生の目を盗んでこっそり削られていた歯の辺りを指で触ってみたら鮮血が・・・

そんなに痛くないことをされているはずなのに何故こんなに血が・・・?



「それでは型をとっていきまーす」

口を開けて待っていると、例のピンク色のムニュムニュしたものを
突っ込まれました。
上と下とで2回、型をとられました。何度やっても気持ち悪いもんです。
ムニュムニュが微妙に冷たいので、奥歯にたくさんある虫歯がしみて痛いし(;-;)

上の型は衛生士さんが、下の型は先生がとったのですが、型を外すときに
ちょっと差が。
衛生士さんは力を込めてガポっと入れ歯を外すように取ってくれたのですが、
先生は隙間にエアーをプシュッと入れてから、力を込めずに型を外していました。
やられている方にとってはたいした差はないのですが、あーやっぱり先生は違うんだなあと
ちょっと感心していたり(^^)


そしてやっと、仮歯をつけて終了~

何度か仮歯を入れてもらい、治療のたびにとったり外したりを繰り返していますが
その都度新しい仮歯を用意してくれているみたいなんです。
今日は先生が仮歯を調整する様子を観察することができました。

①かなりアバウトに作られた仮歯をくっつける

②かみ合わせてみて、長すぎたら削って調整をする

③マニキュアのようなもの(すごい味です)を表面に塗り、色調整をする
 (隣の歯の色と同じように、違和感なく仕上げてくれます)

素人による観察ですが、こんな手順でやって下さっているようです。
①、②の手順を先生がやるのはまあいいとして、③のマニキュアまで
先生がやってくれることに違和感を覚えるのは私だけでしょうか(^^;)
色調整は治療というより歯のクリーニングのように思えるのですが。


これで本日の治療が終了しました。

やっとここで、先日から気になっている左奥歯の話をしてみました。

「痛みが出ていると思われるのは、左下6蕃もしくは8蕃ですねー」


6番は根っこしか残っていない歯、8番は親知らずで大きな虫歯があります(--;)

このどちらかの歯のせいで、顎のあたりまで炎症が起きているのではないかと
いうことでした。
親知らずは残り3本残っており、幸いみんなまっすぐ上を向いて生えています。
でもやっぱり歯ブラシが届きにくいので3本とも虫歯に。。。
レントゲンで確認したところ、左下8番の親知らずには素人が見ても「デカっ」という
大きな大きな虫歯がございました。。。


「次々回に6・8番を2本とも抜いちゃいましょうかね♪」


ヒィイイイイイイイィィィ(;o;)


ということで、次回は差し歯をかぶせるだけ、次々回は抜歯の予定と相成りました。


最後に今回治療後の写真を載せておきます~

2009_0311_1.jpg

青矢印部分が今日治療し、仮歯を入れたところです。
いつもは隣の歯に渡ってレジンを詰められ。フロスなど全く通らないほど隙間なく
固定されるのですが、今回はそれがなく若干スカスカし風通しがよいです。

ちなみに1回目の治療前の前歯がコレ↓

20090119_2.jpg

そして今日の治療後はコレ↓

2009_0311_2.jpg

綺麗になったなあと感無量です。まだまだ汚い歯ですけど。。。
前歯を5本治療したのですから、見た目も変わったと思います。




【本日かかった金額】  2940円


●再診料 40点
●歯管修復・欠損補綴 943点

今回から保険点数を記載することにしました。何かの参考になれば。


次回の予約は3月18日です。

 

COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 歯医者日記 |

3回目(W歯科)

更新遅れました~~(><;)

これを書いているのは3月2日、ああ4日も経ってます。。
メールで催促してくださった方、すみません!!!



さて、3回目の治療日記です。


今日も静脈内鎮静法で治療の予定でした。


でも結果から申しますと、鎮静はできなかったんです。
鎮静の治療を参考にされたい方、今回は全く意味がないかもしれません…

そしていつも通り、長文です(^^;)
お暇なときにでもどうぞ。。。






今回の予約は夕方。。

診療台に座ると、例によって先生と本日の治療予定を話し合いました。


カルテを見ながら先生が

「さて…今日は、前歯(左上2番)の続きと下(左下6番)の抜歯ですよね」


え?


抜歯?そんな予定でしたっけ???


どうも前回(2回目)の治療の終わり頃に先生が「次回は左下抜歯します」と
予告してらしたらしいのですが、例によって覚えてませんでしたwww

いやいや、すっかり今日はブリッジの話になるかと思っていたのですが
なんと抜歯とは。心の準備、まったくしてこなかったんですが。
でも大丈夫だもんね、鎮静が効いちゃえば大丈夫大丈夫…

先生はさっそく鎮静の準備を始めようとしていたのですが、前回の教訓を
踏まえて…今回は鎮静する前に、先生から色んなお話を伺う事にしました。
もちろんメモ持参で!w

まずは先生の今月の出勤のご予定を聞きました。
子どもを保育園の一時保育で預けるので、その日程調整のために。

それから次回以降の治療計画を少々。
私には抜歯しなければいけない歯があと3本あるそうなのですが、
まずは他の治療を後回しにし、その3本を抜歯してしまうとのこと。
今日は左下6番を抜歯、次回は右下6番・右上7番を抜歯するそうで…
なんだかポンポン抜くみたいですね(((-o-;))))

これだけ聞いてメモしておけば忘れてしまっても大丈夫!


さあ鎮静の準備が始まりました。


今日は左下6番の抜歯、それから左上2番のゴム詰め(根の治療の最後)!


点滴が用意されました。


「今日は血管探すの一番上手な先生がいないんだよね~・・・・・」


消毒綿を用意する先生。お?今日は先生がトライなさるんでしょうか。


先生が深呼吸したあとに私の右腕の肘の内側に針をぷすっと。


NG。


「ごめんなさい、もう一回・・・」

さっき刺したとこのちょっと隣にぷすり。


NG。


先生は諦めたのか別の先生を呼びに行きました。

数分後、颯爽と現れる新たな先生。

前回の先生ほどではないらしいのですが、この先生も血管を捜すのが
とても上手らしいのです。


が・・・・

右腕の肘の内側NG

手首NG(結構痛い)

手首の内側(とても痛い)NG・・・・・(;;)


さらにもうひとり、さらにさらに血管探しが上手な先生が来たのですが


右腕の内側の真ん中あたりにぷすり→→NG


さてさて何回刺されたことでしょう。
針を刺した後、ちょっと戻しては微妙に角度を変えて刺しなおして
なんかすごく痛いんですけど…
でももちろん先生を恨む気持ちは毛頭ありません。
よい血管のない私が悪いんです・・・・・

針先を見つめて顔を付き合わせる3人の先生方。
どの先生もお若くてかっこいい先生ばかりなのでそんなに見つめられると
さすがに緊張しますよ・・・

先生が言うには、私の血管はとても細くて脆いんだそうです。
私はもともと色白で、腕の内側などは気持ち悪いほどに白く
素人目から見ても、すぐに分かるような血管がいくつかあります。
先生たちももちろんそこを狙って刺しているのですが、血管に刺した!と
思っても、すぐに針が血管をぶち抜けてしまったり破れてしまうんだと…・
確かに刺したあとは内出血がすごいので、血管が破れて血が漏れて
いるのが良く分かります。。

私の父・弟も同様に採血する際は新米ナースを泣かせているそうですから
これはもう家系ですねえ。。



「あー、手は全滅だなあ、左腕からはとれそうもないし…」

「ねえ、足に刺しちゃダメ?」



ええええええええええええええええ~~~足ですか~~~???


足から点滴はおろか採血だってされたことないんです。
そしてまさか今日、足になんて刺すと思わないからなんのお手入れも
してきませんでした…カカトは硬くなってるしスネ毛も大豊作ですよ

もうこの時点で今日は帰りたくなってました。

今日は一番上手な先生いないらしいですから、今度はその先生の
いるときに来ますから。もう今日はこれ以上刺さないで…


「足はいやです・・・・・」


おそるおそる言ってみると先生たちも納得してくれました。

今まで集まっていた先生2名がバラバラとフェードアウトしていきます。

ああ、あ き ら め た ん で す ね ・・・・



残ったのは担当の先生ひとり。

先生は真摯な顔つきで、

「タオタオさんの血管は…すごく難易度が高いんです。今日はもうこれ以上
腕からは血管とれませんし、鎮静は難しくなりました」

「鎮静でないと治療ができないということですから今日はこのまま終わりに
してもいいんですが…

「せっかく来てくださったことですし、簡単な治療だけでもいかがですか?」

「その左上2番の根の治療なんですけど」


根の治療・・・・・それは私が歯科恐怖症になったきっかけのひとつです。
神経をとったあと、歯の根っこの消毒をするために細い針金を幾度か
突き刺し、神経の残骸や膿みを除いていく治療・・・
13年ほど前、下の歯のどこかの根の治療をされあまりの痛みに以後
歯医者さんに足が向かなくなってしまったのです。


「今日の治療は麻酔する必要もない程度だと思います。」

「でもどうしても痛いのが怖いということでしたら麻酔をしますから…」

「もう根の治療も最終段階で、今日は根っこにゴムを入れてフタをする
だけですから」

「ねえ、せっかく来てくれたんだし・・・」


なんだかすごく勧められてるんですけど(^^;)

うーん…

麻酔・・・

そのレベルの治療に耐えられるなら歯科恐怖症を名乗っていません・・・

でもせっかく来たのだから、何かしら治療を、と思ってくださる先生の
誠意ある対応。。。なんか本当に子どもに話してくださるような優しい
口調で…これをお断りするのは本当に申し訳ないような気分になりました。

5分くらいは悩んでいたと思います。

怖い。。。。。。。

でも前歯1本なら!






勇気を振り絞りました。

「じゃあ表面麻酔しますね~」と先生が脱脂綿に軟膏のようなものを
塗りつけ、私の上唇をめくって挟み込みました。

強烈なバナナ味です。

私が高校生の頃からこんな味だったような気がします。

あっという間にジンジンと痺れだしました。

3分後、とうとう麻酔の注射を刺されることに…

「見えてると怖いかもしれませんからタオルかけますね~」

目のあたりにフワっとタオルが。

でも見えてます!

なんか銀色で細長いものを先生が持ってます!


胸のあたりがバクバクし出しました。イヤなかんじのバクバクで
ここしばらく出ていなかったパニックの感覚そのもの。
でもここで中断してもらうわけにはいかないので、両手を組み
グっと目をつぶりました。


ぷすり


いや、実際には針先が歯茎にふれるかんじはしませんでした。

でもそのあと、抜いては刺し、抜いては刺しをしながら角度や
深さを変えて何度も注射されているのをかんじました。
一瞬だけ歯に針が触れたような感覚と少しの痛み?はあったものの
1分ほどで麻酔は完了。

麻酔がしっかりと効くよう3分ほど放置。

「じゃあ仮歯をはずしますね~、ちょっと響きますよ~」

タオルの隙間から見えたものはハンマー・・・えええええええ??


コンッ


ものすごい衝撃が頭に(((゚o゚)))


コンッ コンッ コンッ


痛くはないんです。痛くはないんですけど頭に響くんです!


「はーい、とれましたよ~」

舌先で歯の部分を触ってみると、確かに歯がない・・・
根っこの部分だけが残っています。

「じゃあ仮蓋を外して中を掃除していきますね」

仮蓋をはずすのね、とラクに構えていたら次の瞬間、

チュイーーーーン・・・


削るんだ・・・・・・・・・・(--)


多くの歯科恐怖症の方と同様、削る音は本当に苦手です。。
音を聞いただけで背筋が凍ります。。。

その後、ガンガンと削られ、歯の根にゴシゴシと針を刺され
なんか最後にドリルのようなもので穴を拡張され、最後に
ゴム詰めをされました…次から次への衝撃に頭が朦朧となり
バクバクもひどかったですが・・・

その間、まったく痛みはナシでした。

麻酔ってすごいなあ(^^)

でもこの処置は多くの方が麻酔なしで十分できるとのことですから
ホント、普通に歯科治療を受けられる方が羨ましいです。。

ゴムを詰めた後、きちんと根の先までゴムが届いているかの
確認をするためレントゲンを撮られました。

出来上がったレントゲンを見ると、ゴムはきちんと詰まって
いますが…歯の先にあった黒い影(膿み)部分は未だに残って
いるんですね。

「ここの部分、まだ炎症が残っていますけれど痛みもないようですし
掃除した時の膿の出方もよかったので、このままフタをします」と
説明がありました。

膿がまだ残っている状態でフタをして差し歯にしてしまうと
その後また膿が進んで歯が痛み出すという話をよくききます。
正直、ちょっと不安が残りましたが…
先生に全てお任せしている状態なので、もうなんでもOK!

ここで差し歯はどうするかのお話がありました。
前回からずっと考えていたのですが今回は保険適用の差し歯をお願いしました。
色合い・質感は自費の歯に劣るということでしたが、強度は自費より上、
なにより差し歯は初めてですし長持ちさせる自信もないので…
特に自費差し歯を勧められることもなかったので安心しました(^^)


その後、また仮歯をつけて治療終了。

時計を見てみると、私が診察台に座ってから約2時間が経っていました。

血管探すのにも時間がかかり、私を説得するのにも時間がかかり、
前歯の治療、レントゲンにも時間がかかり・・・
治療自体もおそらく子ども相手のように優しくゆっくりと進めて下さったし
先生は本当にお疲れになったことでしょう。。


今後の予定としては


次回:差し歯をつけるだけ。痛むような処置ではないので鎮静なし

次々回:鎮静して抜歯3本



抜歯3本・・・めちゃくちゃ怖いんですけど。。。。
しかし、なにしろ血管を捜すのが一苦労な私ですので、鎮静をする回は
一番上手な先生がいるときに予約!
そして見事血管確保ができたときには出来るだけいっぺんに複数の
歯の治療をした方が良いとのことで。。


もしどうがんばっても血管が探せなくなったら。

とうとう大学病院行きになるのかなあ。

先行きがちょっと不安になってしまいました。


【本日かかった金額】  2050円

次回は差し歯代がかかりそうですね(^^;)
COMMENT : 5
TrackBack : 0
CATEGORY : 歯医者日記 |

最新記事


最新コメント


カテゴリ

はじめに (1)
歯医者日記 (7)
治療後日記 (9)
よもやま話 (1)
歯の様子 (1)
過去の歯医者話 (5)
お知らせ (3)


プロフィール

タオタオ*

Author:タオタオ*
極度の歯科恐怖症の主婦です。
鬱・パニック障害あり。
30代・2人の子どもがいます。
横浜市北部在住。

最後に歯医者さんに行ったのは
高校生の頃、以来10年以上
歯医者さんを避けてきました。
2人目出産後、ボロボロと痛みが
出てきたので、とうとう歯医者さん
通いを始めます。
弱虫なので、たいていはヘタレな
記事ばかり書きますが、どうか
ご容赦を。

何かお尋ねになりたいことなどありましたら
下のメールフォームよりお願い致します。
メールフォームmail-a1-1812mi.gif


最新トラックバック


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


Copyright © 超弱虫女の歯医者日記 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。